ブロガーってなんだろう

ブロガーとはブログを書く人のことです。ブロガーは近年スマホの普及などでインターネットを扱う人が増えたことから、非常に増加傾向にあり、多種多様な人々がブログを書いています。

ブログを書くメリットは様々ですが、ブロガーの中には自分の購入した商品を詳しくレビューしたり、自分の得た技術をブログを見ている人に伝えたり、日々の日記を書き綴ったり様々な目的の人が存在します。ブロガーの中には広告収入などでお金を稼いでいる人もいます。

ですがブロガーの一番のブログを書く原動力は他人に情報を発信したいという強い気持ちです。世界中の人々に情報を発信するために人々はブログを書くのです。ブログは形として残るものなので、ブログを毎日つけている人も多いようです。

おかゆダイエットで予想外の減量

この頃、お金がないことが原因で節約生活を余儀なくされています。
好き放題食べられていた頃と違い、食費が決まっているために質素な生活を送っているんです。

毎日、基本的にはお米は食べるようにしています。
ただ、そのまま炊いてしまっては量は少ないので、おかゆダイエットにしているんです。
おかゆにすると量が増えるし、食べやすくてとってもいいんですよね。

こうしておかゆダイエットを始めてから1週間が経過しました。
メニューは、おかゆ、味噌汁、おかず1品のみというものなんですが、体重は-3キロも痩せたんです。
1週間でここまで落ちるなんて思ってもいなかったので、本当に大喜びでした。

それから現在、2週間目になりますが、体重はゆるやかに落ちています。
さらに-1キロ減って、顔がどこかともなくほっそりとしてきました。

本当はパスタやうどんダイエットも考えたんですが、やっぱりお米が食べたくなってくると思い止めたんですよね。
飽きてしまっては続かないし、食材も無駄になっても嫌なので、それならずっと続けることができるであろうおかゆダイエットが適任だろうという予想はピタリと当たったんです。

正直、お肉やお刺身を食べたい誘惑にかられてしまいますが、あと1キロ痩せるまではおかゆダイエットを続行します。

ノンオイルダイエット♪

わたしがおすすめするダイエット方法はノンオイル(減オイル)ダイエットです。ひとり暮らしを始め、自炊のため料理をする機会が増えました。最初はなにも考えず、野菜にしろお肉にしろお魚にしろ、炒めるときは油をしいてからするのが当たり前だと思っていました。
でも、今のフライパンの進化に気づいたのは半年ほどたってから!ほとんどのフライパンにはテフロン加工がされており、焦げ付かなくなっているのですよね。水分や脂肪分を良く含んだ食材であれば、油が少なくても、もしくは全く油を使わなくてもフライパンが焦げ付かずに調理することができると発見しました。常識のものもあると思いますが、調理方法にはいくつかコツがあるのでご紹介します。

ひとつは、脂肪分があるものから先に加熱を始めることです。たとえば野菜炒めや親子丼の具など作るときは、先にお肉から加熱して余分な脂をだし、そのあとに野菜を炒めることで肉から出たうまみのある油を野菜に染み渡らせることができます。
ふたつは、加熱中に鍋蓋を利用することです。たくさんの野菜を加熱したいときには、長いこと強火で加熱しているとフライパンが傷むおそれがあり、また水分が飛んでしまいます。野菜本来の水分で蒸し上げることで、短時間で焦げ付かずに火を通すことができます。

最後に、油なしで風味が足りないときは、最後に油を使うことです。仕上げにオリーブオイルやごま油を使用することで、まるで油で調理したかのようなコクと満足感が得られます。
よほど昔のフライパンでなければどなたでもためせる調理法だと思います。ぜひお試しになっていただければ幸いです。

便秘解消!肌ツルツル!おすすめ青汁ダイエット

青汁ダイエットが想像してたよりも順調に体重が減っていくので、とても楽しいです!青汁を飲むのは初めてなのですが、初心者でも美味しく飲むことができるものがあり、初めて飲んでみたらまるでお茶のようでスッキリと飲むことができて、これは継続して毎日飲めると思いました。

青汁を飲むだけでダイエットになるなんて・・・と思ったのですが、飲んでいるうちに体重が少しずつですが減ってきたんです。まさかと驚いたんですが、しばらく飲んでいるとまた体重が減ってきたので青汁の力ってすごいなぁと思いました。また、青汁を飲み始めてから毎日お通じがあるようになりました。それまではよく便秘をしていてお腹がポッコリしていたんですが、青汁をのんでからはお腹がいつでもスッキリして、腰にクビレもできてきました。

青汁のおかげで野菜不足が解消され、風邪をひきにくくなりましたし、肌もしっとり状態になりました。ダイエットをすると必ず便秘をしたり、栄養不足で肌がガサガサと荒れてくるのですが、青汁は逆に調子が良くなってきたので本当に嬉しいですね。これからも健康的にスリムになることを目指して、美味しい青汁ダイエットを続けたいと思います。女性にオススメのダイエット方法だと思います。

グリーンスムージーで健康的にダイエット

私が現在試しているダイエット方法は、食事の前にグリーンスムージーを飲むという方法です。グリーンスムージーは自分で手作りをしていますが、簡単に作ることができるので、手間も掛からず時間が無いときでもパパッと準備を済ますことができます。

グリーンスムージーを食前に飲むことで、ある程度満腹感を感じることができるため、その後の食べすぎを自然に抑制することができます。また、空腹時のほうが栄養の吸収率が高まるため、葉野菜などの栄養を余すことなくしっかり体に取り入れることができていると思います。野菜をしっかり摂るようになってから、便秘も解消され、痩せやすい体質に変化したように感じています。

フルーツや野菜に含まれているビタミンによって肌の調子もよくなりましたし、以前よりも食事の量が減ったことで体重も順調に減らすことができていますし、本当にいいことばかりですね。初めの頃は、野菜の青臭さが気になって飲みにくいなぁと感じることもありましたが、野菜とフルーツの割合を変えることによって、飲みやすくて美味しいスムージーを作ることができるようになりました。

自宅で手軽にできるダイエット法は色々ありますが、グリーンスムージーもその中の一つだと、身を持って実感することができました。

部分痩せも考えたい

女性の方にありがちなことですが、ダイエットに成功したと思ったら余計な所まで痩せてしまったということがあります。脂肪を燃焼させるために余計な所まで燃焼が始まってしまい、痩せたくない所も明らかに痩せてしまったという状態が生まれます。これを避けるためには、部分的に痩せる方法を考えることになります。メリハリのあるボディを目指すには、特定の部分だけに集中してダイエットを行った方がいいです。
とにかく自分が要らないと思っている部分だけに集中して負荷をかけて、筋肉を鍛えた状態とします。その後で食事制限や全体的なバランスを整えるための運動を行って、その部分には更に代謝がよくなるようにしておきます。これによって部分痩せが実現するようになって、その部分だけ余計に痩せられる状態となります。分からない場合はジムで指導を受けることによって、どの部分に効果のある運動か知ることができます。
胸を残しつつダイエットというのは難しいように思われますが、実際にはウエスト部分だけを集中してダイエットしておくと、綺麗に胸だけ残すことができます。そのためには腹筋をしっかりと鍛えつつ、通常のダイエットと同じことを行えばいいのです。こうして部分的に痩せると余計な所まで減らないで済むことが多いです。

ダイエットをしたいけれど時間が無い人へ

ダイエットをしたいけれど仕事が忙しくて運動する暇がないという人におススメなのが、ながらダイエットや浴槽ダイエットです。どちらも日常生活の中で行えるダイエット方法であり、即効性はありませんが続けていくことで徐々に体が鍛えられてきます。

ながらダイエットの方法は簡単で、座りながら足を上げ下げしたり、腹筋に力を入れるなど探せばいろいろあります。浴槽ダイエットはその名前のとおり、浴槽の中で運動するというダイエット方法で、水の抵抗があるので体に負担をかけることなくカロリーを消費できます。水泳みたいな感じですが、あまり運動しすぎると水分不足で倒れることがあるので、お風呂の中に水を持ち込むか、適度なところで中止するとよいでしょう。

ダイエットでの運動の時間が取れないという人は多いですが、普段の生活の何気ない行動を意識して筋肉を使ってみたりするだけでも効果的ですので、試してみてください。運動せず食事だけで痩せると高確率でリバウンドしますし、リバウンドの恐怖はアラサーなど体重が減り難い年齢になるとものすごく分かるようになり、体重が減り難いのはダイエット上でのモチベーションを保てなくなる原因にもなりますので、無理なく続け、ダイエットしましょう。

ヨガダイエットで太りにくい体づくり!

長年自己流ダイエットを続けたものの、なかなか成果がでないとお悩みの人も多いのではないでしょうか?私自身、サランラップを足に巻いていっぱい着込んだ怪しい恰好でジョギングしたり、お昼のランチをグレープフルーツとこんにゃくだけで我慢したり、と自己流ダイエットを続けてきました。痩せた時期もありましたが、いつの間にかリバンド、そしてまたダイエットの繰り返しでした。

しかし、やっと無理なく続けられるヨガに出会いました。始めて3か月ほど経ったとき、いつものジーパンがゆるいなと感じ、-3kg痩せていましたよ。その間、特に激しい食事制限などはせず、週1回のヨガのクラスに通い、習ったポーズを寝る前の5分ほどやってみる。これだけです。

ヨガといっても種類・流派もさまざまです。ダイエット効果があると言われているヨガにはどんなものがあるでしょうか。

・『ホットヨガ』 高温多湿のなかで行うヨガで汗をたくさんかいて代謝を高め、筋肉量も増えて太りにくくなります。

・『パワーヨガ』筋肉トレーニングと瞑想的な要素を取り入れ、”動”と”静”の様々なポーズを流れるように連続して行うヨガスタイルです。

・『ファットバー二ングヨガ』 -ファットバー二ング(=脂肪燃焼)とヨガを組み合わせて行うことで脂肪燃焼効果を高くする運動です。最初にエアロビクスで心拍数をあげ、その後ヨガでインナーマッスルを鍛えます。

ヨガは余計な筋力をつけずに、基礎代謝を高めるため、きれいに痩せられます。他にも内臓機能を強化したり、自律神経の乱れを改善するのにも、とても効果があります。ヨガの後は、痩せること以外にも、自分の内面が洗われたようなすがすがしい気分になれるのが、続いている秘訣のようです。あまり無理せず「自然と太りにくい体へ」変えてくれるヨガで、ダイエットを一歩前に進めてみてはどうでしょうか?

短期ダイエットなら炭水化物抜き!

自分自身の経験からも、周囲の成功例からも、短期間勝負のダイエットならば、なにがなくとも「炭水化物抜きダイエット」です。もう、抜群の信頼とも言えるぐらいに、確実に痩せていくことができるのですよね。

けれども、先に言っておきますと、正直言って炭水化物抜きダイエットは、メンタル面においてツライです。日本人ですから米飯が大好きですから、主食である炭水化物の米を抜いてしまうのは、その他のダイエットと比べましても、メンタル面における負担は、なかなか大きいものなのですよね。

ちなみに、炭水化物抜きダイエットにて摂取量を減らす炭水化物は、なにも米だけではありません。「炭水化物抜き」ですから、パンやパスタも同様です。もちろん、うどんも炭水化物ですから、炭水化物抜きダイエット実行中においては、摂取の量を控えましょう。

しかしそうは言っても、3食すべて炭水化物を抜くのは、もう3日間でもツライのですよね。ですから私は3食のうち1~2食の主食を抜くことで、炭水化物抜きダイエットに近い形を実行しています。炭水化物抜きダイエットは完璧にやらずとも、たとえば夕飯で炭水化物を抜くだけでも、結構成果があがるのです。ですからこそ、なにか勝負日がある場合は、ひと月前の仕上げとして炭水化物抜きダイエットを実行しています。

インターネットの発達と美容系ブロガーの増加

スマホなどが普及して誰もがインターネットを利用するようになった今、ブロガーがかなり増えています。毎日の日記をつけているブログから商品のレビューをするブログやパソコンの技術などを解説するブログまで様々なブログがインターネット上には存在しています。

ブロガーの人々は皆、共通して情報を発信したいという意識を持ってブログに情報を書いて発信しています。ブロガーの利点は個人の意見を発信して人々の反応を得る事ができるという事で、様々な人々と書いた記事で交流する事ができます。

ブロガーは人々に技術を教えたかったり商品の感想を伝えたかったりそういう意識を持った人が多く、そういった人々はプロブロガーと呼ばれ、かなりの閲覧数を集めて広告収入で生計を立てている人も存在します。