ノンオイルダイエット♪

わたしがおすすめするダイエット方法はノンオイル(減オイル)ダイエットです。ひとり暮らしを始め、自炊のため料理をする機会が増えました。最初はなにも考えず、野菜にしろお肉にしろお魚にしろ、炒めるときは油をしいてからするのが当たり前だと思っていました。
でも、今のフライパンの進化に気づいたのは半年ほどたってから!ほとんどのフライパンにはテフロン加工がされており、焦げ付かなくなっているのですよね。水分や脂肪分を良く含んだ食材であれば、油が少なくても、もしくは全く油を使わなくてもフライパンが焦げ付かずに調理することができると発見しました。常識のものもあると思いますが、調理方法にはいくつかコツがあるのでご紹介します。

ひとつは、脂肪分があるものから先に加熱を始めることです。たとえば野菜炒めや親子丼の具など作るときは、先にお肉から加熱して余分な脂をだし、そのあとに野菜を炒めることで肉から出たうまみのある油を野菜に染み渡らせることができます。
ふたつは、加熱中に鍋蓋を利用することです。たくさんの野菜を加熱したいときには、長いこと強火で加熱しているとフライパンが傷むおそれがあり、また水分が飛んでしまいます。野菜本来の水分で蒸し上げることで、短時間で焦げ付かずに火を通すことができます。

最後に、油なしで風味が足りないときは、最後に油を使うことです。仕上げにオリーブオイルやごま油を使用することで、まるで油で調理したかのようなコクと満足感が得られます。
よほど昔のフライパンでなければどなたでもためせる調理法だと思います。ぜひお試しになっていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です