自分に合った化粧品選び

私は大学生のころからお化粧をし始めました。最初はどうやってお化粧をしていいかもわからず、ファッション雑誌を参考にしながらやっていました。ファンデーションをしたり、チークやアイラインをしたりして、お化粧をすることで自分が少しでも綺麗になることに楽しみを覚えました。

学生のころは安めの化粧品を買ってきてお化粧もやっていましたが、年々年齢を重ねると化粧品もどれでもいいとは感じなくなりました。年齢に合ったものや、自分の肌に合うものを選ぶと、肌への負担もなくなりますし、お化粧のノリも良くなると感じました。
私は自分の肌のことが気になって、百貨店の化粧品販売のところにいき肌のカウンセリングをしてもらいました。モイスチャーチェックをしてみると、私の肌は乾燥肌であることがわかりました。

そして自分の肌に合いそうな化粧品を、店員さんに選んでもらいました。それは乾燥肌の専用の美容液と乳液で、肌に付けた瞬間潤っていくのがわかりました。これは自分の肌に合っているんだなぁと一瞬でわかりました。

お化粧は毎日するものですから、自分に合った化粧品を選ぶことが良いことです。そうすると、これからシミやシワのケアもちゃんと出来ますし、肌にも優しいと思います。カウンセリングをしてみて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です